照ノ富士への「モンゴル帰れ」に広がる波紋

大相撲春場所では稀勢の里の逆転優勝で大いに沸いたその脇で、照ノ富士への差別発言とも取れる言葉が飛び出し
同じ日本人としてとても悲しく、悔しい気持ちでいっぱいです。
この言葉には、おそらく日本人として久しぶりに横綱になった稀勢の里に対し、けがの箇所をねらって相撲をとったことによる
怒りにも似た感情が言葉としてでたのだろうと想像しています。

そもそも、相撲もひとつのスポーツとして考えた場合に、相手の弱点をつくのは常道で、当たり前です。
それを跳ね返して優勝した稀勢の里は賞賛に値し、感動を私たちに与えてくれたのですが、照ノ富士がいたからこそその感動が
あったのだと思います。

しばらく外国人、とくに白鳳などモンゴル勢の横綱時代が続きました。彼らが日本で活躍していることを
モンゴルの人々は喜び、そしてそのように活躍できる日本と言う国にとても親しみや尊敬の念をいたいていたことと想像します。
そのことを考えると、私たちはどれほど彼らモンゴルの方々を傷つけてしまったのでしょう。
とても悲しい気持ちになります。

逆の立場で考えてみると、たとえばヨーロッパで日本人がサッカーで活躍することも多くなってきたのですが、
その日本人に対し「日本に帰れ!」といわれたら、私たちもやはり悲しい思いがするのではないでしょうか。

日本がもっともっと懐の深い国になれるといいなと、つくづく思います。銀行カードローン 審査基準