カードローンの限度額について

金融機関からの借り入れ時に、金利や、金額そのものを左右する借り入れ限度額。これは、貸金業法の総量規制という項目で、年収の3分の1以上借りられない仕組みです。借り手の返済能力あ生活を考え借り手を守るための決まりですが、これには例外や除外があります。ます例外は、年収の3分の1以上の金額でも返済能力ありと認められ場合や、高額医療費などが突然必要になったときのつなぎの場合です。除外は、不動産を購入するときの借り入れや、おまとめローン、借換などの場合です。

たとえば三井住友銀行カードローンでは、限度額は800万円となっています。契約時に設定した限度額が多いほど、借り入れの年率が低くなり、少ないほど、高くなっています。ただ、限度額を大きく設定すると、借り入れ可能金額が増えることを表し、年収や身分などに関する審査に時間がかかる傾向があります。

また、大手銀行系列の金融機関では、限度額の増額などの相談は、何度でも対応してくれますので、相談してみるといいでしょう。

貸金業法には、貸し付ける相手の信用情報を調査する義務が定められており、、複数の金融機関をまたいでいても年収の3分の1以上の金額を貸し付けることが禁止されていますので、その場合はおまとめローンなどを検討してみてはいかかですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です