マイナンバー制ははたして無事に実施できるか!?

私は、マイナンバー制の実施には懐疑的です。元々、国民の重要な情報を一元管理することには危機感を持っています。

年金の個人情報の流出から見て、情報管理に対する教育が実施されたか甚だ疑問である。大体、あのような情報管理をする者にとって基本とも言える。「知らないメールを不用意に開けるな!!」と言う基本中の基本が徹底されていないことも信じられない。しかも、マイナンバー制を管理するプログラムの受注にも不正があったらしい。こんな、基本的な教育の徹底もされておらずプログラムの不正受注があったのであれば。

まず、計画事態を白紙に戻したうえでもう一度問題がないかチェックする必要があると思う。確かに、中止した場合多くのお金が無駄になるが個人情報が流出した時の被害額に比べれは遥かに安いと思われる。

大体、個人情報の一元管理事態今の時代にそぐわない考えだと思う。セキュリティの問題や情報の管理をきっちりと出来るのか?と言えば難しいとしか言いようがない。それに、セキュリティの面から見ても情報の流出を完璧に防ぐのは無理としか言えない。こんな問題のある制度を、今まで使ったお金がもったいないということだけで無理に施行するのは問題があると考える。

プロミス 審査基準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です