カードローンやキャッシング審査に必要なもの

社会人になると急な出費が必要になることってありますよね。

そんなときに重宝するのが、お近くのコンビニATMで利用できるカードローン。

時間を気にせずお金が借りられるので、社会人になったら一枚は持っておきたいところです。

さて、そんなカードローンを持つためには勿論ローン会社への申込みと審査が必要です。

申請用紙に自分の個人情報を記入して審査をしてもらうのですが、この審査の際に必要なものが個人証明証。つまり申請者が本人である証明がまず必要になります。

証明証として一番一般的なものが運転免許証。

これがあれば個人証明証としてはほかに何もいりません、最近ではスマートフォンに専用アプリと取り込み、アプリから撮った写真を送信するだけで証明を完了とするローン会社があるくらいです。

勿論証明証は免許証でなくても問題ありません。

他には保険証、住民基本台帳カード、住民票等であっても証明書としての効力はあります。

審査については記入済みの申請書、本人確認用の証明書があれば問題なく行われますが、借入金額が50万円を超える審査を受ける場合、以上2点に加え収入証明書が必要になりますので、準備ができるのであれば申込みの際にあると尚良いと思います。

申込み時間も短く、簡単に利用できるカードローンですので、つい借りすぎてしまうこともあるかもしれませんが、あくまでもご利用は計画的に行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です