マイナンバー制ははたして無事に実施できるか!?

私は、マイナンバー制の実施には懐疑的です。元々、国民の重要な情報を一元管理することには危機感を持っています。

年金の個人情報の流出から見て、情報管理に対する教育が実施されたか甚だ疑問である。大体、あのような情報管理をする者にとって基本とも言える。「知らないメールを不用意に開けるな!!」と言う基本中の基本が徹底されていないことも信じられない。しかも、マイナンバー制を管理するプログラムの受注にも不正があったらしい。こんな、基本的な教育の徹底もされておらずプログラムの不正受注があったのであれば。

まず、計画事態を白紙に戻したうえでもう一度問題がないかチェックする必要があると思う。確かに、中止した場合多くのお金が無駄になるが個人情報が流出した時の被害額に比べれは遥かに安いと思われる。

大体、個人情報の一元管理事態今の時代にそぐわない考えだと思う。セキュリティの問題や情報の管理をきっちりと出来るのか?と言えば難しいとしか言いようがない。それに、セキュリティの面から見ても情報の流出を完璧に防ぐのは無理としか言えない。こんな問題のある制度を、今まで使ったお金がもったいないということだけで無理に施行するのは問題があると考える。

プロミス 審査基準

アンケートサイトで地道にためたポイントを換金

私がお金に困った時はアンケートサイトなどで貯めたポイントを換金します。

そのために必要な物は2つあります。

Pexの会員登録と楽天銀行の口座開設です。

普段からアンケートやポイントサイトを活用している方にはおなじみですが、Pexとは様々なポイントサイトやアンケートサイトで貯めたポイントをPexポイントとしてまとめて貯めておけるサイトです。もちろんPex自体もお小遣いサイトとしての機能があります。

私はいつ金欠になるか分からないので、各社のアンケートサイトでPexに交換できる分のポイントが貯まったらすぐにPexにポイント交換するようにしています。そうすると1社だけだと500ポイントしかたまっていなくても何社も合わせれば1000、2000とちりつもでまとまった金額になります。

そしていざPexポイントを現金に換えようと思った時に役立つのが楽天銀行です。

なぜ楽天銀行がいいかというと、Pexから楽天口座への振り込みまでに数時間しかかからないということとポイント交換手数料が他の銀行口座に比べて安い(500Pexポイント=50円)ということです。本当は手数料はかからない方がいいんですが、お金が急に必要になった時などは必要経費だと自分に言い聞かせます。

そしてそんな急な事態に数時間で口座に振り込まれる楽天銀行は重宝します。普通は翌月の振り込みという場合がほとんどですから。

普段からマメにアンケートに答える、Pexポイントに変えておくなどの手間はだいぶかかりますが、困った時に数千円、多ければ数万円急に自分の口座に入ってきたらどれだけ助かるか。。。しかも元手ゼロで。地道な作業ですが、おすすめです。即日キャッシング

おまとめローン・一本化で返済を楽にしましょう!

○はじめに・・・

今回は、いわゆる「おまとめローン」についてのメリットを考えてみたいと思います。特に返済が楽になるというメリットについて紹介したいと思いますので、借金を減らしたいと考えている方は必見かも知れません。

○そもそも「おまとめローン」って何でしたっけ?

上記のような疑問あるいは不安を持つ人もいるかも知れませんので、簡単に確認しておきましょう。

おまとめローンとは基本的にローンの借入先をまとめるためのローンのことをいいます。例えば、Aさんは3社からお金を借りていたとします。それを別の会社からのローンで返済します。そうすると、その別の会社からのローンだけが残りますので、借入先が3社から1社のみに変わったということになります。

以上がおまとめローンの典型例になります。これをしてどんないいことがあるのかということを紹介していきたいと思います。

○多重債務状態から脱出できます!

おまとめローンは先ほども紹介したように、基本的に借入先をまとめるというローンになります。複数から借りているということは基本的に、多重債務の状態と考えることができます。

それが、ひとつになるということは多重債務から脱出することも可能になるわけです。借入先の数は融資の際の審査の対象になることからもメリットだと思われます。借入先が少ない方が有利なのは間違いない話だと思われます。

ただし、だからといって安易にそこから借り入れを増やすと元の木阿弥になってしまいますので、よくよく注意する必要があります。

○返済が楽になる!

どんな場合でも返済が楽になるというわけではありませんので、ここではどのようなことに気をつければ楽になるのかという点について考えてみたいと思います。

例えばこんな場合を考えてみましょう。

Aさんは消費者金融XとYそして大手銀行Zからそれぞれ年利18%・15%・12%でそれぞれ100万円ずつ借りていたとします。これをおまとめローンでAさんはX・Y・Zのいずれか一つからの単独借り入れのローンに使用と考えています。

まず、X単独になるようにまとめてみたらどうでしょうか?

すると、Aさんは、合計300万円のお金をXから借りるという形に変わります。すると、利率はそのままであれば、全て18%になります。3社借りていたときは平均で15%の利率でしたから、実質は3%利子が上がったことになります。つまり、返済総額が上昇することになってしまったわけです。

次に、Z単独になるようにまとめてみたらどうでしょうか?

そうすると、Aさんは合計300万円のお金をZから借りるという形になりますね?すると、そのままであれば利率は12%ということになります。今度は逆に、利子が実質3%に下がったことになります。つまり、返済総額が減る可能性が出てくるわけです。

ただ、提示される利率は条件などにより変動します。だからこそ、利率がどうなるのかということをきちんと確かめておく必要があります。そして、上手に選び取るということが求められるといえるのではないでしょうか?

このように、利率に注目することで、うまく返済総額を減らすことも可能になるわけです。

付け加えて、モビットやバンクイックに代表される大手銀行系のカードローンは会社の経営や実績が安定していることもあり、利率が全体的に低く抑えられていますのでおまとめローンとしての利用はおすすめです。

○他にもメリットあり!

法律で「総量規制」というルールが存在します。住宅ローンや自動車ローンなどは例外ですが、基本的に年収の3分の1を越える借り入れはできないことになっています。

しかし、おまとめローンは借りた後の借金の合計額は変わりません。なぜなら借りたお金は直ちにそれまで借りていた他の金融機関からの借金の完全返済に充てられるからです。

>>カードローン審査で在籍確認なしにする方法!

カードローンの限度額について

金融機関からの借り入れ時に、金利や、金額そのものを左右する借り入れ限度額。これは、貸金業法の総量規制という項目で、年収の3分の1以上借りられない仕組みです。借り手の返済能力あ生活を考え借り手を守るための決まりですが、これには例外や除外があります。ます例外は、年収の3分の1以上の金額でも返済能力ありと認められ場合や、高額医療費などが突然必要になったときのつなぎの場合です。除外は、不動産を購入するときの借り入れや、おまとめローン、借換などの場合です。

たとえば三井住友銀行カードローンでは、限度額は800万円となっています。契約時に設定した限度額が多いほど、借り入れの年率が低くなり、少ないほど、高くなっています。ただ、限度額を大きく設定すると、借り入れ可能金額が増えることを表し、年収や身分などに関する審査に時間がかかる傾向があります。

また、大手銀行系列の金融機関では、限度額の増額などの相談は、何度でも対応してくれますので、相談してみるといいでしょう。

貸金業法には、貸し付ける相手の信用情報を調査する義務が定められており、、複数の金融機関をまたいでいても年収の3分の1以上の金額を貸し付けることが禁止されていますので、その場合はおまとめローンなどを検討してみてはいかかですか。

来店不要のカードローン、キャッシングについて

どれにも共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということです。

即日融資が必要な緊急事態って実は多かったりします。

それにお金を借りるのは家族や友人、会社にはできれば内緒にしたいものです。

そんな時、今はインターネット上で簡単に借入手続きができるお店があります。審査内容も簡単な質問に答えるだけでOKです。

何より大きいのは来店不要で即日対応、即日融資も可能という点です。

土日祝日も対応してくれる会社がほとんどです。

誰もが知ってる大手消費者金融なので騙される心配もないですね。

これらの大手消費者金融は契約の申し込み~審査の回答までを素早く丁寧に対応してくれます。

「今すぐ借りたい!」というこちらの要望にしっかり応えてくれます。

契約の流れはどこも似ていて銀行系カードローンに比べればパートやアルバイト個人事業主の方でも融資を受けられる可能性は高いです。

審査の回答も早く契約後に指定口座に即日振込、つまり当日中に現金を受け取れる場合もあります。

来店も不要ですので今すぐ借りたいというお急ぎの方にうってつけですね。

借金をすることは決して悪いことではありませんが、まだ人に知られたくないという心理が働くようです。

そんな人の為に来店不要のカードローン、キャッシングサービスは心強い味方になってくれると思います。

カードローンやキャッシング審査に必要なもの

社会人になると急な出費が必要になることってありますよね。

そんなときに重宝するのが、お近くのコンビニATMで利用できるカードローン。

時間を気にせずお金が借りられるので、社会人になったら一枚は持っておきたいところです。

さて、そんなカードローンを持つためには勿論ローン会社への申込みと審査が必要です。

申請用紙に自分の個人情報を記入して審査をしてもらうのですが、この審査の際に必要なものが個人証明証。つまり申請者が本人である証明がまず必要になります。

証明証として一番一般的なものが運転免許証。

これがあれば個人証明証としてはほかに何もいりません、最近ではスマートフォンに専用アプリと取り込み、アプリから撮った写真を送信するだけで証明を完了とするローン会社があるくらいです。

勿論証明証は免許証でなくても問題ありません。

他には保険証、住民基本台帳カード、住民票等であっても証明書としての効力はあります。

審査については記入済みの申請書、本人確認用の証明書があれば問題なく行われますが、借入金額が50万円を超える審査を受ける場合、以上2点に加え収入証明書が必要になりますので、準備ができるのであれば申込みの際にあると尚良いと思います。

申込み時間も短く、簡単に利用できるカードローンですので、つい借りすぎてしまうこともあるかもしれませんが、あくまでもご利用は計画的に行いましょう。

審査基準をクリアする為には

審査に通る為にはまず高額限度額で申し込まないことです。なるべく低い限度額で申し込むことにより、返済計画を考えてると思われます。また仮に債務回収不可能になった場合でも被害が少ないと判断されます。特に他のカードローンで融資を受けてる方は有効です。

記入事項は正確に書いて下さい。勤務先や住所等に偽りがあるだけで信用度は下がります。勤務先は特にみられます。勤務先が確認出来るのは返済能力があると判断されるからです。

最近は学生、専業主婦の方でもアルバイト、パート収入があれば審査に通ることが出来ますが、やはり正社員の方が審査には強いです。

勤務先が大手、上場企業だとやはり審査には多少有利になりますが、まずは正確に記入することです。

現在の借り入れ状況も審査に影響があります。借り入れがあると不利になると思って虚無の内容を書いてしまうと審査にひっかかります。なので、一番は他の借り入れを返済してからの方が良いでしょう。

あとは借り入れに対する返済遅延はないか、という事も大切な基準となります。返済遅延は多いほど返済能力がないと判断されてしまいます。

また住宅ローンや車のローン、クレジットカードの返済遅延にも注意が必要です。

低い限度額で申し込む事、記入事項に偽りを書かない、他の借り入れや返済遅延に注意していれば審査基準はクリア出来ます。

カードローンやキャッシングの際に、つい忘れがちな必要書類のあれこれ。

あたりまえの言葉に聞こえるのかもしれないけれど、いまどきのカードローンやキャッシングは手軽で早く借り入れができますが、その審査には必要書類というものが不可欠でございます。そんなこと分かってるよ、なんて言われるかもしれませんが、これがけっこう忘れやすい。

このあたりも、注意したいところなのですが、まず絶対に必要なのが本人確認書類。これは運転免許証やパスポートが一般的です。でも、そこに記載されている住所や名前などに変更があり、それを変えていないと、たとえば公共料金の領収書や税金の請求書、領収書などの書類が別途必要になってしまうんですね。

それから収入証明書類が必要になる場合がございます。この収入証明書類と言いますのは、一般的には源泉徴収票や住民税の決定通知書、確定申告書、給与明細などですね。これは各会社によって違いがあるかもしれませんので、その辺んことは確かめる必要があります。

カードローンやキャッシングを利用する際に、何が必要なのか、その点を予め調べておくといいでしょう。びっくりしたのは、そういうときになにも用意をしないで、まっ先に申し込むという方が意外と多いことです。

ひとつだけ、強く意識していたいと思うのは、これから借り入れをするお金は、自分のお金ではないということです。それはあくまでも人のお金を借りるのだから、借りる前にそれなりの準備をしておくという姿勢が大切なのではないでしょうか。

カードローンやキャッシングの返済方法

カードローンやキャッシングの返済方法は、近くのATMから返済、振込みでカードローンの口座へ返済、口座から毎月自動引き落としで返済と色々ありますが、約定返済と随時返済という方法があります。一般的には、毎月決まった日に、決まった金額を返済して行く、約定返済になります。お金に余裕があるときにまとめて返済することを、随時返済といいますが、これは、約定返済に付け加えた形で、カードローンの契約時には、約定返済と随時返済から選べるのではなく、約定返済が基本になります。

もし、カードローンが返済できなくて困った場合、できるだけ早く、返済が遅れることを連絡しましょう。カードローンの延滞中は、カードローンの出金はできません。いつまでに入金すれば、また使えるようになるか確認しておいたほうが良いと思います。そして、延滞をすると、延滞日数に応じて、延滞損害金が発生します。

毎月の返済金額を安くする方法は、借り入れ金額によって毎月の約定金額が異なります。少ないほうが、毎月の返済額も低くなります。本当に必要なときに、必要な金額を借りるようにしましょう。利率も、カードローン会社によって異なります。利率がどれくらいで、返済額がどれくらいになるかきちんと考えて借りるようにした方が良いと思います。